風俗業に光をあてる!

風俗の仕事でよく聞かれる悩みとは?

風俗嬢だっていろいろ大変!

あらゆる職種のなかで、風俗業ほど変化の激しい世界はありません。 なぜなら風俗業は究極の接客業であり、お客ひとりひとりのニーズに合わせて対応を変えていく必要があるからです。 普段は見えない風俗嬢の努力と工夫を知り、おたがいに気持ちよく風俗を利用しましょう。

ちょっと気になる!風俗嬢のお金事情

風俗業が稼げるのは、求められているサービス内容がそれだけ濃密でハイレベルだからです。 風俗はまぎれもなく肉体労働であり、仕事内容に合う給与水準が保障されてはじめて女性の権利が守られます。 風俗業は果たして、本当に稼げるのでしょうか。 気になるお金事情をのぞいてみます。

風俗はどこまで進化できるか

マイノリティの人たちにとって、風俗はきわめて遠い世界です。 ただ、ここ数年は障害者専門風俗も少しずつ増えており、マイノリティの人たちにとっても風俗利用の裾野が広がりつつあります。 風俗の外側から風俗を見つめ、日本の風俗の現状と課題を考えてみましょう。

風俗嬢のホンネ風俗業のリアル

女性にとって究極の肉体労働ともいうべき風俗業。
とくにソープランドやファッションヘルスはお客と個室でふたりきりになり、本番行為やそれに類するプレイをしなくてはならないのですから、肉体的にも精神的にも疲弊するのは当然です。
風俗業は古くからどこかダーティなイメージがあり、社会の片隅に追いやられてきたようなところがあります。
そのため、風俗の悩みはその世界のなかだけで解決するべきだ、という風潮があり、ブラック風俗や本番強要などのトラブルがあったとしても、公の場で救いの手が差し伸べられることはほとんどありませんでした。
ただ、最近になってようやく風俗の世界にも光があたるようになり、風俗バイトのトラブルに公的団体が介入したり、女性の人権擁護の観点から働き方を変えていこうという動きが見られるようになってきました。
また、昭和初期からある風俗業の悩みとして、性病の問題も深刻です。
現在でも格安を売りにするソープランドなどでは避妊具抜きでのサービスが行われており、そのような環境ではおのずと性病のリスクが高まります。
現代社会のゆがみを浮き彫りにする現象として、風俗嬢のワーキングプア問題があります。
女性にとって最後の砦であるはずの風俗業で身を粉にして働いても生活していけるだけの月給が得られないという問題が起こっており、稼げない女性はさらに安い風俗店を渡り歩いて労働力をダンピングされる、という負のスパイラルが生じています。
風俗嬢のリアルな悩みを通して、今風俗業界で何が起こっているのか、どのようなことが問題になっているのかをまとめています。